津軽病院

津軽医院

診療科目

  • 内科(糖尿病専門医)
  • 循環器科
  • 消化器科
  • 呼吸器科
  • 放射線科
  • 理学療養科
  • 訪問診療(在宅療養支援診療所)

介護分野

  • 通所リハビリテーション(定員40名)
  • 介護予防通所リハビリテーション
  • 介護療養型老人保健施設(定員18名)
  • 介護予防短期入所療養介護
  • 短期入所療養介護
  • 居宅介護支援事業所
  • 介護予防居宅支援事業所
  • 居宅療養管理指導
  • 介護予防居宅療養管理指導

受付時間

受付時間
午前 8:30〜12:00
午後 2:00〜4:30
夜間 5:00〜6:30

毎週水曜日の午後は訪問診療のため休診となります。

休業日

  • 日曜日、祝日
  • 5月1日、8月1日・13日-14日、12月30日〜1月3日

所在地・アクセス

津軽医院
所在地 〒038-1311
青森県青森市浪岡大字浪岡字浅井205
電話 0172-62-3101
FAX 0172-62-7434
最寄駅 JR奥羽本線浪岡駅 徒歩20分、タクシーで約3分
駐車場 あり
津軽医院居宅ステーション
所在地 〒036-0332
青森県黒石市大字牡丹平字福民38-1
電話 0172-55-8488
FAX 0172-55-8445
最寄駅 弘南鉄道黒石駅 タクシーで約8分
駐車場 あり

津軽医院のあゆみ

1931年4月 津軽病院の前身、津軽資生療院(現在の弘前市立病院)の浪岡分院として、産業組合法に基づき、組合員の手で作られ、診療を開始。戦後、厚生農協連の病院に
1958年10月 浪岡町で津軽医療生活協同組合設立
同年厚生農協連が解散。厚生農協連加盟の病院が市町村立病院として再出発するなか、津軽医療生協が浪岡病院を引き継ぎ、津軽病院としてスタート。
1981年 院長に佐藤仁秀医師が就任
1982年7月 津軽医療生協の津軽病院が全日本民医連に加盟
1984年4月 津軽病院院長に、佐藤仁秀医師に代わって、石田俊悦医師が就任
1988年12月 津軽医療生協の津軽病院を医院として新築
1990年4月 健生病院、藤代健生病院、五所川原診療所など運営する津軽保健生協と津軽医院、黒石診療所などを運営している津軽医療生協が合同し、新しい津軽保健生協が誕生
1994年4月 院長が石田俊悦医師から石森伸二医師に交代
1997年8月 老人デイケアを開設。高齢社会が進む中、実現が望まれていた中での開設
2010年11月 小規模老人保健施設(定員18名)開設