健生五所川原診療所

診療科目

  • 内科
  • 胃腸科
  • 呼吸器科
  • 放射線科
  • 循環器科、
  • 通所リハビリテーション(定員20名)

介護サービス

  • デイケア
  • 居宅療養管理指導
  • 予防デイケア
  • 予防居宅療養管理指導

受付時間

年末年始・夏期休暇・連休、学会参加などで、臨時休診や受付時間が変更になる場合もございます。来院前にご確認下さい。

受付時間
午前 8:30〜12:00
午後 2:00〜4:00 往診
夜間 5:00〜6:30

予約制

  • 午前・午後の診療および健康診断はご予約下さい。

休業日

  • 土曜日・日曜日
  • 5月1日、8月1日・13日〜14日、12月30日〜1月3日

所在地・アクセス

所在地 〒037-0016
青森県五所川原市大字一ツ谷508-7
電話 0173-35-2542
最寄駅 JR五能線五所川原駅 徒歩約7分
駐車場 あり

健生五所川原診療所のあゆみ

1980年10月 西北五出張所を開設
西北五地区の診療所開設のため、五所川原市湊川に出張所を開設。所長に工藤善司氏を派遣
1982年7月 五所川原診療所開設。西北五地区の診療所開設準備のため五所川原市湊川に西北五出張所を開設して2年目での開設となりました。
所長に、佐々木道夫医師が就任。組合員健診・人間ドック・胃健診・現地健診・事業所健診に力を入れました。建物の壁が赤い色だったため、「赤い診療所」として有名に。
1983年1月 糖尿病の患者会「あやめ会」を結成
28名の参加で結成され、患者会第一号となりました。
1983年12月 振動病の取り組みの中から、初めて二人が労災認定を勝ち取りました。
1984年8月 所長に、佐々木道夫医師に代わって、石森伸二医師が就任
1988年11月 五所川原市新町に1982年に開設した診療所を、同市の一ツ谷に新築移転。
新しい診療所は、198.8坪の木造一部二階建てで、駐車場を完備した無床診療所としてスタート。
1990年4月 健生病院、藤代健生病院、五所川原診療所など運営する津軽保健生協と津軽医院、黒石診療所などを運営している津軽医療生協が合同し、新しい津軽保健生協が誕生
1990年4月 所長に石森伸二医師から湊健児医師が就任
1991年4月 所長に湊健児医師から佐藤正昭医師が就任
1993年4月 所長に佐藤正昭医師から健生病院副院長の長谷良志男医師が就任
1994年4月 所長に長谷良志男医師から河邊博正医師が就任
1994年4月 青森県で初めて超音波骨密度測定装置を導入
寝たきりのお年寄りを増やさないために、青森県で初めて超音波骨密度測定装置を導入し「骨ドック」を開始しました。
1996年1月 所長に河邊博正医師から遠藤研医師が就任
1999年4月 所長に遠藤研医師から津川信彦医師に就任
1999年12月 老人デイケアを開設。診療所では3番目。